--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

01.07

今回の記事は珍しくエロいよ。

午前11:30に眠くなったので、1時間後に目覚ましを設定して昼寝をしようとしたら、目覚ましのアラームがOFFになっていて、気付けば午後9:00でした。。でも、宿題と勉強はこれまでのストックがあるので焦ってはいませんゼ。

一日中と言ってイイほど寝ていてネタが無いので、今日はS君の話を。


※ここから先は、まるでBLコミックのような、勝手な“お惚気(おのろけ)”がフンダンに盛り込まれています

・つまりエロい話だろ?って思った方
・お惚気(〃▽〃)キャー♪っていう方
・俺ってば腐女子ーって方
・むしろ、腐男子ーって方

は▼どうぞ!!
((( ̄( ̄( ̄( ̄ー ̄) ̄) ̄) ̄)))フッフッフッ。
腐ってますね。実はオレ、意外と同人とか・・・。・゚・(Д`(⊂(゚Д゚ つ⌒

以前の記事(別窓)で書いてたS君についてもう少し詳しく話します。


(S君はノンケです。腐ってる方々は想像し過ぎないように注意してください。)


まず、たまに体のことで相談されます。もちろん、そう、アレです。どんなモノかと思って、トイレで見ました。用を足してるとこを見てやろうと試みました。特に問題なく見れました。。なんかS君は周りに人がいなかったら大丈夫みたいです。他人がいるとちょっと反抗してきます。。で、見たんですけど、普通な感じ(?)でした。なので、からかってやろうと思って「ねぇ、結構オ○ニーしてるでしょ?」って聞いたら「え?なんで!?」と返されたので「いや、見れば予想はつくよ。」と言うと「うそ!?わかっちゃうのか。あ、ぇ、、まぁ、うん。頻繁にしてるぞ。」だと。おぃ、その返事。可愛過ぎはしませんか。さらに苛めてやりたくなって「そんなにしてるのにちっちゃいな。」と哀れんであげたら「んー。だよね。」と妙に納得されたので「イクのが早いんだよ。」と更に追い詰めると「お前はどんくらいでイクんだよ。」って。それがあまりにも可愛かったので、オレは「頑張ればいくらでも。」とプレッシャーをかけてあげました。あと、彼は、、お風呂でしているそうです。お風呂って、全裸じゃん。と妄想が膨らんでしまうオレでした。その会話以来、オレの「最近した??」という突拍子も無い質問に彼は普通に答えるようになってしまいました。洗脳してしまった!?!?そして、この前「3分から5分になったぞ。」「何が。」「え、イクまでの時間」と言われ、鼻血が出そうなりました。

というか、最近お尻を触ると静かになります。これは、他人がいても大丈夫みたいです。よくそんな勇気あるなって思うでしょ??うん。最初は前を突いてました。これは、男子同士だと冗談として普通にあるんです。(掃除の時間に座り込んでる友達に「どうした?」って聞いて「勃ってるから。立ち上がれない。」「マジで!?」「うん。」「どれ?」「これ。」「触っていい?」「うん。」とかね。)だから、前までは触れると「ちょっ。」とか言って“あんまり触るな”ってスタンスだったんですけど、上の話とかも経てしばらくすると、教室でも廊下でも、数秒間触っても何も言わなくなりました。というか、むしろ彼も触ってきます。この前なんて触ったらタッテマシタ。オレが「あ。ごめん。」というと「ん。いや、最近してないんだよ。今日はちょっとね。よく勃っちゃうんだ。」と照れられて、また鼻血が出そうなりました。

んで、お尻の話なんですけど(笑)。校外清掃の時に、箒の柄の部分で突ついたんです。外でですよ。しかも、彼が友達と喋ってるのに。そしたら、いくら突いても特に嫌がらない!!あれ?っと思って「なんだよ。」って聞いたら「気持ち良かったから。」と。もう、ドリームの域ですよ。そんな感じで、まぁ、お尻を触られるほうが好きみたいです。

んー。でも、未だにズボンの上からしか触れたことが無いです。向こうにとっては「触られてもいいかな」って感じです。今度、彼一人を家に呼んでみようかな。。他人がいなけりゃ広範囲で大丈夫みたいだし。ね。

って、もぅ。こんなエロい内容を書いたのは初めてだ。。

どんなものか、コメントとかよろしくお願いしますね。
そして、オレの恋を応援してください!!
▼▼▼▼▼▼▼▼
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

S君の事。
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。