--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.17

きみのとなりで

ブログネタ:あの曲の思い出 参加中


人生の中で、一番思い出がよみがえる曲はBoAの「きみのとなりで」です。

携帯がau(現在docomo)だった時に、au着うたフルのCMでこの曲が起用されて、フルが無料配布だったので早速DLしました。

それからしばらく、携帯の目覚ましはずっとコレでした。

この曲が流れると、中3の平日の朝を思い出します、、、懐かしい。



あと、中3で言ったら宇多田ヒカルの「Keep Tryin'」とか。

推薦入試でクラスのみんなより一足早く高校が決まって、ヒマだったたら学級文集を作っていた時によく聞いていた曲。

中学生活残りわずか・・・・・っていう、不安と切なさと楽しさが混じったあの気持ち( p_q)グスン



他にもCHEMISTRYの1stアルバムを聴くと、小学生の自分を思い出します。

家族のドライブでずっと流れていたのかな。



音楽って、本当に受動的に受け取れるからスゴイと思います。

絵画や文学には無い特徴。自然と耳の入って、いつのまにか脳裏に焼きつく芸術。



たまにフラッと歌手ののサイトに行って、ディスコグラフィーを見たとき

「ぇ!?この曲、リリースされたのそんな前だっけ!?」

ってことがよくありますよね。



これからも、そうやって音楽と同じように思い出も限りなく増えていくんだろうけど、激しいロックでも、切ないバラードでも、それにまつわる自分のエピソードが楽しいものだったらいいな。





お返事


⇒純様

まぁ、似合わなさそうだったらバッサリ行きますよ。


このクラスも残り少ないんでね、、たくさん一方的にイチャイチャしときます。





スポンサーサイト

Amaba時代
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。