--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

01.11

何だか文学な季節。

恋って、とっても単純な気持ちなのに、凄く複雑。

恋を語る時、キレイな言葉と寂しい言葉が交互に出てくるのは何でだろうね。

大好きな人が近くにいる筈なのに、それだけで嬉しいのに、
自分は何もできないんだなって、すぐに下を向いてしまう。

何もできないんだなって逃げた筈なのに、走り出したつもりなのに、
追いかけて来てくれたらなって、すぐに振り向いてしまう。

君と向かい合った時の僕はすごく弱い人間です。

君の唇が動いた時の気持ちは崩れそうなほど。

でも、

キミが微笑んだ一日が

不意に

素晴らしい自信に化けるのです。

どんな未来も受け入れられるような、

どんな課題も飛び越えられるような、

素晴らしい自信に化けるのです。


恋って、とっても単純な気持ちなのに、凄く複雑。

それでも恋が嬉しいのは、

きっと、

好きになれたいくつもの欠片が

たった一人の君だから。




お返事。

>>cheite様。

見つめてます。
意味もなく後ろを向いてます。
最近、見つめると見つめ返してくれます。
でも、いつもハハッって笑われます。
オレは、その後姿を、また、消えるまで見つめてしまいます。

なんちて、切ない!! "笑

想うことだけは誰にも邪魔されませんしね。

cheite様のコメント、何だか元気になります。

これからもよろしくお願いします。



ブログランキングバナー
スポンサーサイト

普通の日記。
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

ブログ読ませて貰いました。
何だかとっても微笑ましくて、それなのにしっかりちゃんと恋愛してて、スゴいなって思います。
あ、後、私も『ロマンチカ』持ってます笑

エム:2007/01/11(木) 14:16:08 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。